ひろの歯科 高槻市大蔵司2-3-27
072-689-5118
HOME
当院の紹介
一般・虫歯治療
義歯・審美治療
小児歯科
歯軋り・顎関節症
診療時間
午前9:00〜12:30
午後2:30〜7:30
休診日
木曜・日曜・祝日
土曜日も診療しています
2次元コードを読み取り、携帯サイトへアクセスできます。
未対応機種の方はこちらからアドレスを送信してください。
歯軋り・顎関節症
歯軋りについて
あなたは、自分の歯軋りに気がついていますか?
【こんなこと感じたことありませんか?】
・口が開きにくい
・口をあけると痛い
・顎がだるい
・口を開け閉めすると顎がずれる(ガクガクする)
・歯が磨り減る
・冷たいものがしみる
・顔半分が何となく痛い

症状が現れる部分は口や顎だけではありません。時には、肩や首のこり、手足の関節痛、腰痛、背骨が曲がる、顔がゆがんでくる・・・など、全身に及ぶこともありますが、歯軋りは、なかなか自分では気付き難い病気なのです。
歯軋りの原因は何でしょうか?
■癖、心因性、ストレスによるもの
精神的なストレス、心の悩みや潜在的な心配事があると、眠っている時に歯を食いしばってストレスを発散させることがあります。歯軋りをしている大多数の方は、癖、心因性、ストレスが原因と考えられています。

■全身疾患によるもの
胃腸障害や甲状腺機能亢進などが直接的、間接的に中枢に働きかけ、筋肉の緊張状態が作り出され、歯軋りが起きやすくなります。

■噛み合わせによるもの
まれに、噛み合わせの異常によって起きることもあります。
歯軋りを続けると、どのような障害があるのでしょうか?
歯の磨耗(歯が削れます)、歯の破折、歯の痛み

・歯肉
食物がない状態で強い力が歯根に加わるため、組織が引き伸ばされたり、圧迫されたりして、歯の周りの組織に血流障害を起こし、歯周病を進行悪化させます。
(歯を失う原因のひとつです)

・顎関節(がくかんせつ:あごの関節)
顎関節痛(あごの関節の痛み)、開口障害、関節雑音

・全身
顔面痛、頭痛、肩こり、イライラ、倦怠感など
顎関節症、歯軋りの治療法は?
まずはじめに、歯の型を取り、あなたの歯型にあったマウスピース(マウスガード、ナイトガード)を作ります。マウスピースを使用することにより、睡眠中の歯軋りが緩和されます。歯の痛み、顎関節付近の痛みも徐々に緩和されていきます。
マウスピースは2回の通院で作ることができます。(保険適応)

保険適応 5千〜7千円

自費
透明のレジン(樹脂)のマウスピースもあります。
色合いや素材によって料金は異なりますので、お気軽にお尋ねください。
ページのTOPへ
Copyright(C) 2006 高槻市の歯医者さん ひろの歯科. All rights reserved.